中央大学陸上競技部長距離ブロックと作新学院硬式野球部と
※ブログ引っ越しました

【第1回順天堂大学長距離記録会】(5000m)試合結果

初めての順天堂大学競技会に行ってきました。よく見ると、関東10マイルの最寄駅である宗吾参道1つ手前の駅だったんですね。辺り一面田園風景で、とてものどかな場所でした。夕方は暑さを感じましたが、5000m後半の組は、気温の割にはだいぶ涼しく感じました。

 

■5000m

04組 02着 森 凪也 14:46.53

04組 07着 矢野郁人 14:54.21

04組 10着 倉田健太 14:58.37

04組 11着 中野雄介 15:00.02

04組 14着 岸 俊樹 15:04.00

04組 20着 石田光輝 15:07.78

04組 22着 谷澤竜弥 15:18.83

04組 26着 岩佐快斗 15:25.15

04組 29着 南後海里 15:38.05

07組 04着 岩原智昭 14:35.95

07組 18着 森 智哉 14:47.12

07組 31着 井上大輝 15:00.92

08組 04着 三須健乃介 14:25.10

08組 07着 池田勘汰 14:27.14

08組 16着 神崎 裕 14:36.07

08組 18着 眞田 翼 14:37.42

08組 32着 川崎新太郎 14:57.34

08組 35着 手島 駿 15:02.13

09組 15着 冨原 拓 14:25.93

09組 25着 加井虎造 14:34.38

09組 34着 安永直斗 15:12.43

f:id:n-person:20180710215521j:plain

f:id:n-person:20180710215553j:plain

f:id:n-person:20180710215620j:plain

f:id:n-person:20180710215649j:plain

f:id:n-person:20180710215728j:plain

f:id:n-person:20180710215758j:plain

f:id:n-person:20180710215845j:plain

f:id:n-person:20180710215918j:plain

f:id:n-person:20180710215950j:plain

 

トラックシーズンの区切りとなる大会でした。岩原くん三須くんの絶好調2人が、ここでもPBを出して、前半戦いい締めくくりをしました。岩原くんは序盤、中団からレースを進め、3000840ちょいで通過しました。自己ベストペースでしたが、ここからさらにギアを上げ、前を追っていました。4000では単独2番手で前を追いました。最後はスパートでやや劣ったものの、しっかりとPB更新。夏合宿あけの秋には、29分台が視野に入ってきていると思います。三須くんも中団から徐々に上がっていく展開でした。ラフィネの選手が速いペースで引っ張る中、後の集団で池田くん眞田くんと競るような形でした。ラフィネの選手が抜けた後、早稲田西田くんが飛び出して単独先頭でしたが、その後ろから三須くん池田くんが追っていました。残り1000くらいから集団を離しはじめ、ラスト1周では前回同様目の覚めるようなスパート。さらに残り100からも切り替えて、自己ベストを20秒台に乗せました。3戦連続で自己ベストの三須くんは、安定感という意味でも、ライバルの中から頭一つ抜け出しましたね。距離には問題ないことは証明されているので、夏にしっかり脚づくりをして、秋につなげて欲しいです。

 

今回は岩佐くんとお話しができました。少し休みを挟んで、距離走に移行するとのことです。前半戦はやや無理をして結果を残せませんでしたが、ロードの長いところで真価を発揮して欲しいですね。

【第50回全日本大学駅伝予選会】試合結果

今年も全日本予選会の観戦に行ってきました。去年とは打って変わって、今年は猛暑。予想気温が33度と、過酷なコンディションでした。日差しも強く、完全な消耗戦になりました。

 

総合成績

01位 法政大 4:06.08

02位 國學院大 4:06.20

03位 城西大 4:06.50

04位 明治大 4:07.14

05位 帝京大 4:07.23

06位 日本体育大 4:08.18

07位 順天堂大 4:08.47

08位 日本大 4:08.52

————————————————

DNF    中央大

 

■1

13位 安永直斗 31:11.41

DNF    関口康平

f:id:n-person:20180702225016j:plain

f:id:n-person:20180702225038j:plain

 

■2

15位 大森太楽 31:19.93

23位 舟津彰馬 31:38.53

f:id:n-person:20180702225107j:plain

f:id:n-person:20180702225137j:plain

 

■3

24位 加井虎造 31:15.24

26位 池田勘汰 31:21.61

f:id:n-person:20180702225207j:plain

f:id:n-person:20180702225236j:plain

 

■4

19位 中山 顕 30:26.55

31位 堀尾謙介 31:13.13

f:id:n-person:20180702225307j:plain

f:id:n-person:20180702225334j:plain

 

1組の関口くんが脱水症状により棄権し、本戦出場は果たせませんでした。先頭付近でいい流れに乗っていた感のある関口くんでしたが、中団から給水しながら上がる安永くんに比べ、(取りにくい位置どりでもありましたが)給水回数が少なく感じていました。これがボディブローのようにじわじわ効いてきたようで、残り1周を目の前にし、棄権になってしまいました。いきなり1組で棄権になり、気持ちの整理がつかない状況でも、残された6人の選手は、立派に戦ったと思います。攻める走り、粘る走りを実践し、これは秋に繋がるレースだなと感じました。帰り際に安永くんと少し話しましたが、危機感を持ちつつも、目標への強い意気込みを話してくれました。この経験が糧になってくれると信じています。

 

まずは関口くんの早期回復を祈ります。関口キャプテンのもと、無事夏合宿を過ごし、秋にはさらにたくましくなった長距離ブロックを見せて欲しいですね。その前にもまだまだ、ホクレンUtica Boiler MakerU20、順天堂競技会と続きます。前向きに、一戦一戦戦って欲しいです。

【第68回平成国際大学長距離競技会】(1500m/10000m)試合結果

鴻巣行ってきました。向かう電車の中では、本降りの雨が続いていましたが、大宮を過ぎたあたりで晴れ間が見え始め、鴻巣についたらすっかり雨は上がっていました。しかし、思った以上に蒸し暑く、夜なので日差しはありませんでしたが、なかなかしんどいコンディションでした。

 

■1500m

10組 03着 川崎新太郎 3:57.49

 

■10000m

04組 06着 三須健乃介 29:53.90

04組 11着 二井康介 30:06.90

04組 22着 岩原智昭 30:33.54

04組 24着 矢野郁人 30:51.17

04組 30着 岸 俊樹 31:00.41

04組 36着 岩佐快斗 31:15.93

04組 37着 佐々木遼太 31:20.82

04組 40着 倉田健太 31:47.83

04組 DNF    川崎新太郎

04組 DNF    森 智哉

f:id:n-person:20180625221351j:plain

f:id:n-person:20180625221438j:plain

f:id:n-person:20180625221522j:plain

f:id:n-person:20180625221547j:plain

f:id:n-person:20180625221626j:plain

f:id:n-person:20180625221654j:plain

三須くんが悪コンディションにも関わらず、見事に29分台に乗せました。序盤からHONDA上野くんが引っ張る展開。70ペースだったので、2915くらいのフィニッシュ予想の中、5000mまでの川崎くん森智くんが前の集団で粘り、三須くんはその後ろの集団でした。5000m通過が三須くん1448、二井くん1449で、後半イーブンで粘れば、29分台も見えてくる展開でした。三須くんはそのまま落ちず粘りましたが、二井くんも落ちそうなところで何度も盛り返し、三須くんと完全な並走に持ち込みました。ラスト1周で三須くんのスパートが決まり、29分台。二井くんはスパート合戦で遅れましたが、復活と言っていい30分台1桁。このコンディションでの記録というのが大きいですね。

 

副務として頑張る佐々木くんの走りや、調子をあげて初10000mを走った倉田くんも楽しみです。

【2018日本学生陸上競技個人選手権】(1500m/5000m/3000mSC)試合結果

個人選手権の試合結果です。

 

■1500m予選

02組 05着 森 凪也 3:58.69

03組 04着 眞田 翼 3:59.54

 

■1500m決勝

01着 前川優月 東京国際大 3:52.23

02着 小松陽平 東海大 3:52.25

03着 大竹康平 広島経済大 3:52.54

04着 齋藤雅英 早稲田大 3:52.57

05着 眞田 翼 中央大 3:53.33

06着 酒井洋明 北海道大 3:53.38

07着 三津家貴也 筑波大 3:53.83

08着 森 凪也 中央大 3:54.05

 

■5000mタイムレース

01組 23着 谷澤竜弥 14:51.91

 

■3000mSCタイムレース

03組 07着 森 凪也 9:17.57

03組 12着 石田光輝 9:28.58

 

1500mで、眞田くんが5番、森凪くんが8番で入賞しました。かなり僅差の勝負になったようで、1位から森くんまでが2秒も差がない接戦でした。近年は全日本予選会などで、主力の出場機会がありませんが、別路線組から素晴らしい報告が入り、モチベーションも上がりますね。

【第50回全日本大学駅伝予選会】チームエントリー

30日に行われる全日本予選会のエントリーが発表になりました。

 

エントリーメンバー

4年:神崎 裕/堀尾謙介/関口康平/中山 顕

3年:冨原 拓/舟津彰馬/安永直斗

2年:池田勘汰/岩原智昭/大森太楽/加井虎造/三須健乃介

1年:三浦拓朗

f:id:n-person:20180617215734j:plain

大きなサプライズはなく、順当なエントリーになりました。学年別でも、だいぶバランスが取れていますね。直近の成績や持ちタイムから推測すると、34組はあらかた予想は付きますが、1組~2組は、当日のコンディション(近年は猛暑だったり冷たい雨だったり雷雨だったりで、ギリギリまで予想ができません)や調整具合によって決まってきそうです。とにかく組トップとの差が重要になりますが、順番的な目安は、組10番前後で悪くても15番前後になると思います。ここ数年中大にとって鬼門になっている1組をどう凌ぐか、鍵になってきますね。

【第3回中央大学記録会】(5000m/10000m)試合結果

遅くなりましたが、中大記録会の結果です。久しぶりの中大記録会で中大に行きましたが、やはり母校は落ち着きますね。ただ学生時代から、室内プールの横を通ってグラウンドに行くのは、なぜか勇気がいりましたが、それは今でも変わっていません。当日はギリギリ雨は降りませんでしたが、気温が高く、かなり蒸し暑いコンディションでした。

 

■5000m

01着 二井康介 14:33.40

02着 倉田健太 15:00.12

04着 岸 俊樹 15:28.66

05着 南後海里 15:29.95

06着 佐々木遼太 15:39.31

09着 井上大輝 15:48.02

12着 森 智哉 16:11.31

f:id:n-person:20180617000329j:plain

f:id:n-person:20180617000357j:plain

f:id:n-person:20180617000448j:plain

f:id:n-person:20180617000519j:plain

中山くん加井くんなどがPMを務めて、入りの1000m250くらいだったと思います。序盤から集団が割れて、先頭集団はレースを引っ張る中山くん加井くん堀尾くんに加え、二井くん倉田くん岸くんが取り付いていました。徐々にペースは落ちる中、二井くんはピタリと中山くんに付き、その後ろでは倉田くんが粘っていました。中山くんが離脱後は二井くんの独走となり、シーズンベストで1番でした。2番の倉田くんに30秒近い差をつけるなど、二井くん本来の力強い走りが戻ってきました。本当に本当に嬉しいですね。2番の倉田くんも、最後は離されるも粘りに粘っていました。法政大の5000から安定した順位で走れており、伸びていますね。岸くんや佐々木くんも復帰し、結果以上に非常に内容の濃いレースだったと感じました。

 

■10000m

01着 池田勘汰 30:08.78

02着 安永直斗 30:34.79

03着 冨原 拓 30:47.28

04着 三須健乃介 30:47.70

05着 神崎 裕 30:52.52

06着 岩原智昭 31:17.23

07着 矢野郁人 31:39.83

08着 川崎新太郎 31:52:52

09着 萩原璃来 32:06.36

10着 大森太楽 32:15.08

f:id:n-person:20180617000553j:plain

f:id:n-person:20180617000623j:plain

f:id:n-person:20180617000707j:plain

f:id:n-person:20180617000738j:plain

f:id:n-person:20180617000813j:plain

全日本予選会エントリーメンバーの事実上の選考レースでした。ここでも堀尾くん中山くん関口くんらがPMを務めました。関口くんを先頭に1000m257で通過し、その後2000mは堀尾くんが先頭で555で通過(関口くんは下がって、遅れ気味の選手に檄を飛ばしていました)なので、だいたい300切り~30分切りがひとつの目安なのかなと思いました。関口くん堀尾くん加井くんが5000mまで、中山くんが6000mまで引っ張り、やはり30分を少し切るペースメイクでした。中山くんが離脱した後の集団は、先頭集団が池田くん安永くん、少し遅れて冨原くん、そのだいぶ後ろに岩原くん三須くん神崎くんの集団でした。池田くん安永くんの先頭集団は、中山くん離脱後7374までペースが落ち、30分前半の勝負になりました。終盤で池田くんが一気に突き放し、1番でゴール。暑さも加味すると、タイムもほぼ予定通りだったのかと思います。本番ではタイムより、先頭との秒差が大事になってきますので、順位は関係なく池田くんと秒差でなだれ込む、というような展開が理想でしたが、厳しかったですね。本番までに調整して欲しいです。

【6月8日】(国内トラックレース)試合結果

遅くなりましたが、6月8日に行われたトラックレースの結果です。

 

■第18回アジアジュニア陸上(10000m)

04位 三浦拓朗 30:55.80

f:id:n-person:20180612062002j:plain

仕事の合間にライブ中継をチラチラと見ていました。1000mは250くらいの入りで、その後三浦くんは中谷くんが引っ張る先頭集団についていました。表情は余裕があるように見えました。中継が切り替わったり離席などで、中盤はほとんど見られず、終盤で4番まで遅れてしまっていました。ちょっとレース間隔が空いた影響かなと思いますが、まずはしっかり走れたことは、月末の予選会につながると思います。