中央大学陸上競技部長距離ブロックと作新学院硬式野球部と
※ブログ引っ越しました

【第1回順天堂大学長距離記録会】(5000m)試合結果

こちらも遅くなりましたが、順天堂記録会行ってきました。ギリギリ天気はもつかな、というところでしたが、小雨が降り続き、風も強い中でのレースとなりました。

 

■5000

02組 04着 藤井拓輝 15:07.19

02組 16着 南後海里 15:41.12

03組 07着 藤村燦太 14:54.02

03組 09着 高木航志 14:55.10

03組 16着 谷澤竜弥 15:14.25

04組 08着 倉田健太 14:32.58

04組 16着 黒須優翔 14:43.17

05組 04着 岩原智昭 14:25.85

05組 07着 中澤雄大 14:28.50

05組 27着 手島 駿 14:49.83

f:id:n-person:20190715212142j:plain

f:id:n-person:20190715212207j:plain

f:id:n-person:20190715212236j:plain

f:id:n-person:20190715212307j:plain

f:id:n-person:20190715212338j:plain

f:id:n-person:20190715212411j:plain

f:id:n-person:20190715212447j:plain

f:id:n-person:20190715212516j:plain

f:id:n-person:20190715212551j:plain

f:id:n-person:20190715212622j:plain
風雨が強く、コンディションが悪い中でのレースでしたが、どの組でもしっかり前で勝負できていた印象でした。2組の藤井くんは、持ちタイムより遅い組ながらも前で粘り、もう少しで14分台が見えるレースでした。3組も、藤村くん高木くんと、今シーズンやや出遅れていた2人が、前で勝負。4000mまでは、15分を少し切るペースでした。藤村くんと高木くんは、そのまま前で粘り、タイム以上に濃い内容でした。4組倉田くんは、1430を切る大幅自己ベストペースの集団の前にいて、黒須くんは集団後ろでした。3000mで黒須くんがこぼれたものの、倉田くんは前で粘っていました。ラストスパートでやや遅れましたが、大幅自己ベスト更新。前半戦最後の最後で、倉田くんが来ましたね。5組は、入りの1000mが251。その後ペースは落ちたものの、1420くらいの流れでした。手島くんは3000mくらいで苦しくなってしまいましたが、岩原くん中澤くんは、集団の中で元気でした。4000mを1135くらいで通過なので、岩原くんは最後は250くらいで来たと思います。残り300mからのスパートが鮮烈で、見事に自己ベスト更新。確か、ちょうど1年前の順天堂でも、岩原くんは5000mの自己ベストを更新していたと思います。ポジション取りがスムーズだったら、もっと縮められた印象でした。内容が非常に濃かったのが、中澤くんでした。終始余裕を持ちながら、前目のポジションをキープ。インに閉じ込められそうになると、周囲の様子を見ながら外に出すクレバーなレース運びでした。加えて、このレースでは、「どういうことを確かめる」という明確な目的を持ってレースに臨んでいるようでした。夏前に完全復帰。非常に楽しみな選手が復活してきました。

【第75回平成国際大学長距離競技会】(1500m/3000m)試合結果

遅くなりました。平成国際大記録会の結果です。気にはならない程度でしたが、雨が少しだけ降っていました。気温はこの時期としては低く、走りやすいコンディションでした。

 

■1500

10組 01着 谷澤竜弥 3:55.47

10組 04着 倉田健太 3:58.18

10組 13着 二井康介 4:12.80

11組 01着 井上大輝 3:49.79

11組 03着 冨原 拓 3:50.49

11組 04着 小林龍太 3:51.34

11組 07着 萩原璃来 3:52.98

11組 13着 森 智哉 3:58.14

f:id:n-person:20190714223639j:plain

f:id:n-person:20190714223659j:plain

f:id:n-person:20190714223722j:plain

f:id:n-person:20190714223837j:plain

f:id:n-person:20190714223900j:plain

f:id:n-person:20190714223924j:plain

f:id:n-person:20190714223951j:plain
全体的に、次の目標への実戦ポイント練習の意味合いの選手が多かったと思います。10組は、1500mが専門の谷澤くんが、さすがの走りでした。余裕を持って先頭に出ると、ラスト1周もスピードが落ちず、僅差で組トップを勝ち取りました。タイムは平凡でも、勝ち切る勝負強さが光りました。倉田くん二井くんは、長いところが強い選手なので次に向けて、ということかと思いますが、二井くんはこれが1500m初だったことには驚きでした。

11組は、スピードがある冨原くん萩原くんがバチバチしながら、先頭を引っ張りました。1000mで前にいた森智くんが遅れ始め、小林くんが前の方に上がっていきました。ラスト1周になり、冨原くん萩原くんが上位かなと思った残り100mで、井上くんが猛烈なスパート。バッチリハマって、50秒を切ってきました。なかなか上げられなかった井上くんが一気に来ましたね。小林くんも、ラスト粘って自己ベスト。冨原くん萩原くんのスピードもさすがでした。森智くんは、連戦の中で少し一服、というところでしょうか。

 

■3000

05組 02着 高木航志 8:41.05

f:id:n-person:20190714224020j:plain高木くん1人の出場でしたが、この組を引っ張ったのが、中大OBで現立教大監督の上野さんでした。1000mは251で、高木くんはしっかり番手キープ。2000mは543で、上野さんと高木くんのマッチレースになりました。2000m以降は上野さんの独壇場で830でフィニッシュでした。遅れはしたものの、高木くんは上野さんについていき、組2番でフィニッシュ。ケガからは順調に来ているようです。余談ですが、上野さんと高木くんは、どちらも佐久長聖から中大に入学した選手。ご縁を感じずにはいられませんでした。

【秩父宮賜杯第51回全日本大学駅伝対校選手権大会関東学生陸上競技連盟推薦校選考会】試合結果

大変遅くなりましたが、全日本大学駅伝予選会の結果です。当日は雨が心配されましたが、パラパラ程度ですみました。去年とは打って変わって気温は上がらず、絶好のコンディションでした。

 

■1

05着 矢野郁人 30:03.92

08着 川崎新太郎 30:06.72

f:id:n-person:20190703223849j:plain

f:id:n-person:20190703223918j:plain
1組には、27分台の記録を持つ明治阿部くんが登場しました。当たり前のようにひとり飛び出し、序盤は28分台のペースで進めました。その後の集団の前の方に矢野くんが、後方に川崎くんがいました。集団は1000mを300を少し切るペースで、その後はほぼ300のイーブンペースでした。矢野くんは集団の前で好位キープ、川崎くんはこぼれる選手を拾いながら集団の後方をキープでした。8000で矢野くんが仕掛けて集団の先頭に出ると、ペースが上がり、川崎くんもそのまま集団に付きました。ラストでは少し離されましたが、2人ともひと桁順位で走りきりました。持ちタイムより遅い組とはいえ、絶対に失敗できない1組で素晴らしい走りをし、これ以上ない絶好のスタートを切りました。ロードの鬼の矢野くん、トラックでもロードでも安定感のある川崎くん、秋が楽しみになりました。

 

■2

12着 畝 拓夢 30:28.14

16着 大森太楽 30:37.16

f:id:n-person:20190703224132j:plain

f:id:n-person:20190703224218j:plain
2組は、例年通りのスローでした。3分をオーバーするペースで進んだため、6000mくらいまでは、ほぼ脱落者がいない展開でした。畝くんは中団でじっと我慢。大森くんは畝くんより少し後ろで、虎視眈々といった感じでした。6000m~7000mくらいで大森くんが遅れだしましたが、3人ほどの集団になり、この集団が大きくペースが落ちずにこつこつ拾っていました。7000mで畝くんも遅れましたが、粘りに粘って拾いました。あまり差のない12着と16着。ここでも、「崩れない走り」を見ることが出来ました。畝くんは、去年の怪我の影響から、今年のトラックシーズンはまだ厳しいと思っていましたが、数週間で本当にここまでよく戻してくれました。大きな戦力が戻ってきました。

 

■3

11着 加井虎造 29:39.71

25着 池田勘汰 30:29.06

f:id:n-person:20190703224249j:plain

f:id:n-person:20190703224314j:plain
後半の3組は、早稲田中谷くんを中心にレースが進みました。1000mが2522000mが547と、前半と比べるとだいぶ流れていました。加井くんは、いつもの番手マークではなく、集団の真ん中やや後ろで、しっかりペースに乗っていました。池田くんも、落ち着いて集団後方でした。4000mで中谷くんが飛び出して、少しペースが上がりましたが、2人とも集団にしっかりいました。7000mで中谷くんが集団に吸収されましたが、ここで池田くんが集団から離れました。しかも単独走になり、かなり苦しい走りでした。加井くんは、集団の中でしっかり刻み、最後は11番でフィニッシュ。加井くんの10000mでの「上手さ」が出たレースでした。一方池田くんは、7000m以降きついレースになってしまいました。

 

■4

15着 森 凪也 29:09.57

20着 三浦拓朗 29:36.84

f:id:n-person:20190703224402j:plain

f:id:n-person:20190703224431j:plain

f:id:n-person:20190703224456j:plain
最終4組。チームは圏外だったので、勝負に出るしかない状況でした。留学生が飛ばす中で、後ろの日本人集団に2人はいました。集団は2000mからペースが上がって、543でした。3000mが8324000mが1134と、集団はいいペースで流れ、先頭付近で三浦くんが勝負し、そのすぐ後ろに森凪くんでした。7000mで三浦くんが遅れ始め、8000mで森凪くんも少し遅れました。森凪くんは、なんとか集団で、という思いが伝わるような驚異の粘りで、15番(日本人9番)の自己ベストでフィニッシュ。この大舞台で自己ベストも素晴らしいですが、なんといっても後半の粘り、気持ちの強さが伝わるレースでした。三浦くんは7000m以降で厳しくなりましたが、粘って20番。最後はまとめてきました。

 

結果は、18秒弱届かず総合6位。ここ数年は序盤で勝敗が決することが多かったので、今年は最後まで期待が持てる内容でした。負けは負けなので、この18秒をいかにして秋に繋げるか、そして来年のリベンジに繋げていくか、考えなければいけません。しかし、年々タイム・順位が良くなっているのは間違いなく、安定感も増しています。結果以上に収穫の多い大会だと思いました。これを繋げていくことが大切なので、夏を順調に過ごし、秋にまた頼もしい姿を見せてほしいです。

【第271回日本体育大学長距離競技会】(1500m/5000m)試合結果

日体大記録会です。1500mと5000mに出場がありました。

 

■1500

13組 01着 森 智哉 3:52.44

13組 09着 谷澤竜弥 3:58.70

13組 10着 倉田健太 3:59.01

15組 07着 田母神一喜 3:49.80

15組 09着 舟津彰馬 4:00.76

f:id:n-person:20190603211411j:plain

f:id:n-person:20190603211432j:plain

f:id:n-person:20190603211502j:plain

f:id:n-person:20190603211524j:plain
13組ですが、森智くんが積極的に前でレースを進め、途中から引っ張りました。谷澤くんは好スタートから後方に下げ、倉田くんは後方から。森智くんは後半も、大阪ガス辻村くんに並ばれながらも粘って先着し組トップ。1500m、3000mと、見違えるような素晴らしいレースが続いています。夏以降の長い距離への対応に注目です。谷澤くんは、ベストからは遠いものの、最後のキレはさすがでした。倉田くんは国士舘5000の前のスピード練習でしょうか。

 

15組は、「日本記録チャレンジレース」ということで、田母神くんと舟津くんが登場しました。PM東海大花牟礼くん、スズキ浜松AC川元くんという豪華メンバーが揃い、出場選手も日本を代表する中距離のトップランナーでした。400は花牟礼くんで57くらい。舟津くんは川元くんのすぐ後ろでいつも通り、田母神くんは後方からでこちらもいつも通り。600を過ぎたあたりで舟津くんが苦しくなり、田母神くんも後方で上げきれずに終わりました。学生全体が不調だったことから、さすがに先週のインカレの疲れが残っているのかなと感じました。それでも、チャレンジした選手は、立派だと思います。本当にお疲れ様でした。

 

■5000

12組 02着 川崎新太郎 14:19.63

12組 21着 黒須優翔 14:47.06

13組 27着 小木曽竜盛 15:09.48

13組 DNF 小林龍太

 

5000mの観戦は叶いませんでしたが、川崎くんが久しぶりの自己ベストで、好調をアピールしました。川崎くんは、前の集団で勝負していたようで、全体的には1420くらいのペースでした。最後も粘れたようで、1420を切ってきました。前とのタイム差、着順という意味では、全日本を念頭に置いた場合、タイム以上に評価できると思います。黒須くんも、5000では少しずつ戻してきていますね。小木曽くんは一歩ずつというところでしょうか。

【2019年度第1回中央大学記録会】(10000m)試合結果

日体大とのハシゴ観戦で、中大記録会に行きました。18:30スタートなので、程よく気温も下がり、コンディションは良かったです。

 

■10000

01着 助川拓海 29:44.99

02着 三須健乃介 29:47.24

03着 岩原智昭 30:29.07

04着 畝 拓夢 30:36.45

05着 手島 駿 30:45.33

06着 井上大輝 31:39.51

07着 藤井拓輝 31:56.75

08着 南後海里 32:47.40

DNF 冨原 拓

DNF 大森太楽

DNF 高木航志

DNF 中澤雄大

DNF 藤村燦太

f:id:n-person:20190602214005j:plain

f:id:n-person:20190602214035j:plain

f:id:n-person:20190602214059j:plain

f:id:n-person:20190602214137j:plain

f:id:n-person:20190602214207j:plain

f:id:n-person:20190602214233j:plain

f:id:n-person:20190602214259j:plain

f:id:n-person:20190602214326j:plain

f:id:n-person:20190602214353j:plain

f:id:n-person:20190602214416j:plain

f:id:n-person:20190602214442j:plain
急遽設定された記録会ですが、全日本予選会に向けた選考も兼ねているとのことでした。レースは冨原くんがPM的な役割で、1周を70721000mを3分を少し切るペースでペースメイクしました。5000mまで冨原くんが引っ張り、ほとんどの選手が落ちることなく付いていました。6000mから助川くん三須くんのマッチレースになり、しっかり30分を切るペースを刻みました。ラストで助川くんが抜け出し、2944秒でトップ。初の10000mで29分台。1年生が元気ですね。三須くんも故障明け久々のレースでしたが、故障明けのレースとしては十分だったと思います。岩原くん畝くんがその後に入り、予選会に向けてアピールをしました。もう少し秒差を詰めて混戦になっていればと思いますが、畝くんがしっかり10000mを走れたことは収穫ですし、残りの日数でしっかり仕上げてきてくれると思います。

 

DNF組でも、高木くんは予定通りの3000だったようです。中澤くんも、途中でひとりペースを上げて、15分を切るタイムで終了。大学デビュー戦でしたが、順調のようでした。大森くんは、先週の疲労を考慮し、無理しなかったのかと思います。全体として、概ね順調だったと思います。

【第98回関東学生陸上競技対校選手権大会(4日目)】(ハーフマラソン決勝/3000mSC決勝/800m決勝/5000m決勝)試合結果

関東インカレ3日目は所用のため観戦にいけませんでしたが、なんとか最終日は行くことが出来ました。おそらく4日間で一番暑い日になったと思います。

 

ハーフマラソン決勝

01着 チャールズ ドゥング 日本大 1:04:57

02着 宮下隼人 東洋大 1:05:14

03着 西田壮志 東海大 1:05:19

04着 蝦夷森章太 東洋大 1:05:34

05着 名取燎太 東海大 1:05:40

06着 定方 駿 東洋大 1:05:47

07着 難波皓平 順天堂大 1:06:03

08着 阿部 涼 日本大 1:06:10

 

12着 矢野郁人 1:07:24

17着 岩佐快斗 1:07:44

30着 大森太楽 1:08:32

f:id:n-person:20190531231033j:plain

f:id:n-person:20190531231058j:plain

f:id:n-person:20190531231121j:plain
この猛暑だったので、タイム以上にタフさが求められるレースとなりました(だいたい毎年こうなっている)。スタート後のスタジアム内では、3人とも集団の真ん中~後方に位置取りました。周回コースになってからは、8kまでは全員集団についていましたが、大森くんが少しずつ遅れ始め、岩佐くんもぎりぎりついていました。矢野くんは集団の中で勝負していました。岩佐くんが少しずつ遅れだし、13kくらいで矢野くんも集団から遅れましたが、そこからしっかり粘れました。きっちり拾っていって、トラックでもスパートを決めて、12位でした。矢野くんらしくしっかりペースを刻み、もう少しのところまで持ってきました。10kくらいから徐々に離れた岩佐くんも、同じく淡々とペースを刻んで、気づけば矢野くんの後ろにまで迫りました。入賞には届きませんでしたが、ロード得意の2人が、持ち前のロード適性を発揮してくれました。課題でもあるスピードに磨きがかかれば、秋シーズン本当に楽しみな存在になります。大森くんは、練習での動きは抜群だったそうで、安定感が出てくれば同じく秋には面白くなりそうです。

 

■3000SC決勝

01着 阪口竜平 東海大 8:44.29

02着 青木涼真 法政大 8:44.56

03着 吉田 匠 早稲田大 8:49.23

04着 田辺佑典 法政大 8:54.25

05着 人見昂誠 法政大 8:56.15

06着 山口和也 日体大 8:57.39

07着 萩原璃来 中央大 8:57.81

08着 大木皓太 早稲田大 9:02.61

f:id:n-person:20190531231154j:plain

f:id:n-person:20190531231218j:plain
萩原くんが、持ち前のスピードと粘り強い走りで、見事にPB7位入賞、黃台選手になりました。レースは、1000mを302で通過。実力者の東海大阪口くんや法政大青木くんを中心に、こぼれることなく集団でした。2000mは601なので、ほぼイーブンで通過するも、先頭集団は阪口くん青木くん早稲田吉田くんにしぼられ、萩原くんはその後ろの集団で、入賞ラインにいました。ここから萩原くんはペースを上げ、単独で前を追いました。5番手でラスト1周を迎え、最後に差し切られましたが、なんとか踏ん張って7位入賞でした。2000m過ぎて単独で追いかけ、入賞への執念を見せてくれました。しかもこの大舞台、このコンディションでのPB入賞。今年は萩原くんの絶対的なスピードが見られそうです。

 

■800m決勝

01着 松本純弥 法政大 1:48.30

02着 田母神一喜 中央大 1:49.00

03着 西久保達也 早稲田大 1:49.02

04着 入江亮輔 日本大 1:49.21

05着 坂本 陸 東洋大 1:49.34

06着 薄田健太郎 筑波大 1:50.03

07着 根本大輝 順天堂大 1:50.24

08着 林 貴裕 順天堂大 1:53.20

f:id:n-person:20190531231250j:plain

f:id:n-person:20190531231312j:plain
800m1本に絞って出場した田母神くんが、早稲田西久保くんとの接戦を制して、2位表彰台でした。西久保くんが先頭で、400m53でした。そこから法政大松本くんが早めに抜け出し、田母神くんは抜群のタイミングで前を追い始めたと思いましたが、わずかに届かず2番でした。最後の関東インカレで、舟津くん同様期するところがあったと思います。特に今年は、長距離ブロックキャプテンとして臨んだ関東インカレ。まだまだ中大での競技生活は終わりませんし、日本選手権や全カレもあるので、これからも楽しみにしたいと思います。

 

■5000m決勝

01着 ジェームズ ブヌカ 駿河台大 13:45.03

02着 ライモイ ヴィンセント 国士舘大 13:47.05

03着 ポール ギトンガ 国士舘大 13:55.38

04着 佐藤敏也 法政大 13:59.51

05着 相澤 晃 東洋大 14:05.84

06着 荻久保寛也 城西大 14:06.01

07着 阿部弘輝 明治大 14:07.29

08着 三浦拓朗 中央大 14:09.55

 

30着 助川拓海 14:52.54

f:id:n-person:20190531231340j:plain

f:id:n-person:20190531231403j:plain
長距離最終種目の5000mでは、三浦くんが大仕事をやってくれました。明治鈴木くんとの大接戦を制して、8位入賞しました。1000mは、明治阿部くんを先頭に242。三浦くんはうまく前を見ながら、中団より少し前の位置でした。助川くんは後方から。2000m、3000mでも、三浦くんは先頭集団の次の集団で、入賞を狙っているようでした。表情を見ても余裕があり、タイミングを図っている感じでした。先頭集団から落ちてくる選手を拾いつつ、入賞圏内に入るかどうかの位置でラスト1周へ。鈴木くんとのすさまじい接戦をものにして、8位入賞。ポイントは1点ですが、中大にとってはかなりの価値があるポイントになりました。また、同学年の好敵手でもある、早稲田中谷くんに勝利したのも、自信になりますね。本当に「強い」選手だと思います。助川くんは、長距離では唯一の1年生。結果自体は厳しいものですが、挑戦者として戦ってくれました。また同期の格上の選手とも差のない結果ですので、これからの成長曲線に期待しかありません。

【第98回関東学生陸上競技対校選手権大会(2日目)】(1500m決勝)試合結果

関東インカレ2日目は、1500m決勝を観戦しました。初日に続いてうだるような暑さでした。

 

■1500m決勝

01着 飯澤千翔 東海大 3:56.80

02着 館澤亨次 東海大 3:56.81

03着 舟津彰馬 中央大 3:58.01

04着 野口雄大 順天堂大 3:58.57

05着 岩城亮介 日本大 3:59.24

06着 半澤黎斗 早稲田大 3:59.28

07着 佐久間秀徳 明治大 3:59.56

08着 原田凌輔 順天堂大 3:59.68

f:id:n-person:20190530222336j:plain

f:id:n-person:20190530222408j:plain

f:id:n-person:20190530222433j:plain
レースは、40072の超々スローペースで進みました。全選手が他選手の様子を伺いながら、ペースの上げどころを伺っている様子でした。満を持して順天堂野口くんが一気にペースを上げ、単独走になった後方で、舟津くんは集団の前で野口くんを追っていました。東海大飯澤くん館澤くんに差し切られましたが、野口くんを捉えて3番でした。

 

最後の関東インカレで期するところがあったと思いますが、悔しい3番でした。1年からずっとエースの座を背負ってきた舟津くん。本当にお疲れ様でしたという気持ちと、まだ学生生活、学生陸上は残っているという気持ちが交錯しています。まずはお疲れ様でした。そして、残りの学生生活を悔いなく過ごしてほしいと思います。