中央大学陸上競技部長距離ブロックと作新学院硬式野球部と
※ブログ引っ越しました

【5月4日】(第33回ゴールデンゲームズinのべおか)試合結果

久しぶりに開催されたゴールデンゲームズinのべおか(GGN)ですが、今年は世界選手権標準切りを狙う吉居大くんと、フレッシュな1年生4人が出場しました。日中はだいぶ暑かったですね。後半になるにつれ、コンディションは上がっていきました。

 

■5000m

C組 21着 伊藤夢翔 14:17.67

C組 22着 西 優斗 14:27.55

B組 18着 吉居大和 13:29.35

A組 12着 吉居駿恭 13:43.22

A組 19着 溜池一太 14:00.56

今年のGGNの見どころは、なんと言っても世界選手権標準切り、それへの吉居大くんのチャレンジでした。1000mが239で、タイムを狙うにはかなりいい流れになりました。吉居大くんは集団の10番手あたりでした。2000mが518で、ポジションはあまり変わらなかったですが、表情にはまだまだ余裕があり、239を楽に行ける練習をしてきたことがうかがえました。3000mが758くらいで、ここから少しずつ遅れました。それでもかなり粘ってはいましたが、標準切りには届かない結果となりました。もっと早めに集団が形成され落ち着くかと思っていましたが、外国人選手が多く出場しており、このペースでも楽についていったので、大きな集団が続きました。そのため、序盤で集団をさばくのに脚を使ってしまった印象がありました。ただ、もっと行ける感触はわたし個人的にも持ったので、次回のチャレンジに期待します。

 

C組に出場した伊東夢くんと西くんですが、スタートから後方でした。なかなか上げてこられずに、後ろのペースにはまってしまった印象です。伊東夢くんは、金栗記念でも結果を残してきただけに、ここで2本目揃えて締めてほしかったですね。A組の吉居駿くんは、大幅に自己ベストを更新しました。溜池くんとともに、積極的に前でレースを進め、ルーキーらしいチャレンジをしてくれました。日本選手権標準切りが目標とのことで、結果はわずかに及びませんでしたが、吉居駿くんは時間の問題だと思いますし、溜池くんは、このレースが大学初5000mということを加味すると、よく粘れていたと思います。

【4月30日】(第64回法政大学競技会)試合結果

ゴールデンウィークといえば、平成国際大からの熊谷という流れが恒例でしたが、今年は法政大の方に出場がありました。事前にアナウンスがなかったため、出場なしかと思っていましたが、6名の出場がありました。日中はかなり暑かったですね。今回も、7716様に動画掲載の許可をいただきました。

 

■3000mSC

02組 01着 大澤健人 8:57.95

02組 04着 浦田優斗 9:05.66

02組 11着 山口大輔 9:25.15

www.youtube.com

なかなかタイムを狙える3000mSCのレースはありませんが、ここでしっかり結果を出してきました。大澤くんは前回の絆で久々の3000mSCでしたが、スピードは抜けている印象でした。ここではハードリングも安定し、しっかり8分台を出して、関東インカレへ視界良好です。浦田くんは前回1500mで自己ベストを出し、いい流れで3000mSCへのチャレンジとなりましたが、関東インカレA標準を切ってきました。浦田くんもスピードが抜けているので、ぜひ入賞を目指してほしいです。

 

多摩川会5000m

05着 湯浅 仁 14:13.01

13着 折居幸成 14:41.30

15着 白川陽大 14:43.67

www.youtube.com

湯浅くんが東京マラソンからの復帰レースとなりました。しかもこれが、大学入学後初の5000mのレースになったようです。復帰戦にもかかわらず、5000mでPBというのはスピードが付いてきた証左ですね。5000mは湯浅くんにとって、あまり得意とは言えない距離ですが、しっかり自己ベストを出すあたり、スピードの積み上げができているのだろうと思います。折居くんは入寮後初レース、白川くんは入学後初レースになりました。白川くんは現状確認と、ここからの積み上げが重要ですね。折居くんは絆と2本揃えてきた印象です。まだ戸惑いもあるのかと思いますが、白川くん同様、ここからの積み上げですね。

【5月1日】(第9回木南道孝記念陸上競技大会)試合結果

木南記念のGPレースに、中野倫くんと山田くんの2選手が出場しました。現地は雨上がりの曇天模様で、いいコンディションだったようです。

 

■GP1500m

01組 02着 中野倫希 3:50.05

02組 08着 山田俊輝 3:48.06

1組目の中野くんは、タイムこそ50秒でしたが、しっかりと着を拾ってきました。個人選手権では2本揃えられませんでしたが、ここは確実に合わせてきた印象です。山田くんは攻めたレースができたとのコメント通り、積極的なレースでした。上位の選手が30秒台での決着だったので、少し力差はあったのかと思います。30秒台を目標にしているので、次回タイムを狙うレースでは、自己ベスト30秒台を狙ってほしいですね。

【4月29日】(第56回織田幹雄記念国際陸上競技大会)試合結果

今年の織田記念は、中野翔くん1名の出場となりました。午前中の広島はとても天候が悪く、開催できるのかと思いましたが、午後になると一気に回復し、レース時刻には雨はやんでいました。ただ風は強かったようです。

 

■GP男子5000m

A決勝 11着 中野翔太 13:47.72

1000m通過が240くらいだったので、1320切りのペースでスタートしました。ハイペースにも関わらず、名だたる選手たちが集まったGPレースなので、早々にこぼれる選手はいませんでした。2000mを過ぎてから少しずつペースは落ちていき、全体的な目標タイムは難しい状況となりました。中野くんは先頭集団が見える位置でレースを進め、中盤ペースが落ち着いたところで集団が切れそうになった時は、スッと前に取り付く上手さも見せました。最後に一気にペースが上がったところで遅れましたが、今回も40秒台でフィニッシュ。40秒切りはできませんでしたが、これからに期待をもたせてくれる内容でした。

 

【4月23-24日】(第294回日本体育大学長距離競技会)試合結果

遅くなりましたが、今年度最初の日体大記録会が行われました。事前に申請を行いましたが、主催者側よりお返事をいただけなかったため、今回は現地観戦できませんでした。7716様より、動画の使用許可をいただきましたので掲載いたします。土曜日は日中晴れて熱くなり、厳しいコンディションになりました。

 

■1500m

05組 07着 山口大輔 3:56.93

07組 21着 山口大輔 4:20.42

08組 15着 大澤健人 3:54.83

11組 12着 溜池一太 3:50.04

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

1500m出場組は、次走へつなげるための出場になったようです。山口くんは、1組分のインターバルで2レース出場しました。冬場の積み上げ不足とのことですが、1本目はまずまずの結果のように思います。大澤くんはレースが続いていますが、安定感抜群、大きな取りこぼしがありませんね。もう1段階上の安定感がついてくれば、一気にブレイクしそうです。溜池くんは、おそらく積み上げの途中の重い状態だったのかと推測されますが、それでも大崩れしないところはさすがだなと思います。

 

■10000m

01組 01着 浦田優斗 30:59.70

01組 18着 植村優人 33:17.35

01組 26着 川田 涼 34:57.23

02組 05着 濵田宙尚 31:01.34

02組 25着 矢萩一揮 32:43.39

03組 DNF 羽藤隆成

04組 17着 髙沼一颯 30:51.79

06組 13着 山平怜生 29:27.23

06組 14着 園木大斗 29:38.20

06組 34着 千守倫央 31:11.26

07組 09着 助川拓海 28:58.25

08組 10着 阿部陽樹 28:48.84

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

10000mは、関東インカレの出場争いがもっとも激しい種目です。若い組に出場した選手には、厳しいコンディションになりましたが、その中でもしっかり着を拾ってきた浦田くん濵田くんは、タイム以上に強さが光りました。濵田くんは、絆記録会で2種目チャレンジした後での10000mでしたが、練習を継続してできているようで、その成果を表現できました。6組の山平くんは、昨冬以降だいぶ成績が安定してきました。28分台の練習はできていると思うので、ここは通過点だと思います。園木くんも昨冬の復活から順調に戻してきてますね。助川くん阿部くんの28分台は、さすがというところですが、本人たちには最低限という意識が強いかと思います。とは言っても、絆からしっかり2本揃えてきているので、高位安定で頼もしい存在に変わりはありません。後半の組の選手は、ピーキングが合えば、もっとタイムは出そうですね。そのタイムを狙えるレースが今年は多いというのが、駅伝シードの大きな恩恵になります。

 

■5000m

16組 05着 森  基 14:21.52

18組 13着 佐藤宏亮 14:15.62

21組 19着 中澤雄大 14:06.78

21組 26着 西 優斗 14:20.45

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

まずは16組の森くんですね。絆記録会で非常に粘っていたことを記憶していましたが、ここで大学初のPBがきました。レースを作ってのPBは非常に価値がありますね。2本揃えて、次が10000mとのことで、次への期待が一気に高まります。佐藤くんも絆と日体大で2本揃えてきました。雪で冬場の練習が遅れたとのことで、少しずつ積み上げているところではあると思いますが、ここまでいい流れできていますね。中澤くんは、マラソンからの復帰戦。中澤くんが5000m走るのは、かなり久しぶりですね。復帰戦なので、まずは丁寧にというところでしょうか。それでも大幅自己ベストで、トラックのスピードもだいぶ上がってきています。スピードを磨いて、ロードシーズンに大暴れしてほしいです。

 

例年よりも、1年生が早い段階で大学生活に順応している気がしています。その証左に、4月の段階で自己ベスト、セカンドベストを連発しています。下からの突き上げが激しくなり、一気に競争も激しくなってきますが、その突き上げに待ったをかけるようなスピードを上級生が見せてくれることを期待しています。シードにより、出られるレースもかなり増えます。これから続くトラックシーズンが非常に楽しみです。

【4月23日】(日本グランプリシリーズ神戸大会/第70回兵庫リレーカーニバル)試合結果

毎年恒例、兵庫リレーカーニバルが開催されました。アシックスチャレンジに、若林キャプテンが出場しました。関東地方は暑かったですが、神戸はうす曇りで日差しもなく、コンディションはそこそこ良かったように感じました。

 

■アシックスチャレンジ男子10000m

01組 02着 若林陽人 28:49.60

関学大上田くんが、1000mを247くらいで引っ張ってスタートしたレースでしたが、4000m過ぎでややペースが落ち着いてしまいました。若林くんは後方から徐々に進出し、いつでも先頭を狙える位置でレースを進めました。後半ペースが上がっても対応し、セカンドベストでしっかり2番をとりました。若林くんというと、ロードタイプで箱根6区のイメージが強いですが、絆記録会と兵庫リレカでは、トラック巧者ぶりを見せてくれました。

 

常に先頭をうかがい、引っ張りながらも勝ちきった関学大上田くんは、かなり強いですね。タイム以上の勝ちっぷりでした。

 

【4月15-17日】(2022日本学生陸上競技個人選手権大会)

個人選手権が開催されました。本来は6月上旬の開催だったかと思いますが、今年はワールドユニバーシティゲームズ(中国・成都)への選考も兼ねたレースとなったため、4月にお引越しになったようです。3日間ともあまり天候には恵まれなかったですが、大雨になったわけではないので、長距離種目には良いコンディションだったと思います。

 

■1500m予選

01組 03着 山田俊輝 3:49.51 Q

01組 04着 中野倫希 3:49.66 Q

■1500m決勝

07着 山田俊輝 3:48.25

14着 中野倫希 4:04.82

仕事で1500mは全く見られませんでしたが、SNSの写真を見る限り、予選は山田くん中野倫くんとも、危なげのない走りだったようですね。もはや予選での取りこぼしが考えられないほど強くなりました。決勝では目標に届かず、残念な結果でしたが、2人ともここから(レース数が増えていくと)上げていくイメージが強いので、次への期待が高まります。

 

■10000m

08着 吉居駿恭 28:56.95

10000mからは見ることができました。順天堂の野村くんあたりが先頭で、1000mを259で通過し、だいぶスローだなと思ったところ、創価大葛西くんが一気に250まで上げて、縦長になりました。葛西くんはそのまま250前後のペースを刻んで勝ちきってしまいますが、吉居駿くんは、がっちり番手でレースを進めていました。5000mまでは、ポジション取りや集団への取り付き方が抜群にうまく、現スズキの加井くんを思い出しました。5000m以降は苦しくなってしまいましたが、それでも粘り、最後は順天堂伊豫田くんをかわして、28分台で8位入賞。大学初戦ということを考えても、素晴らしいレース内容だったと思います。ここからどんどん上がっていきそうですね。

 

■5000m

02着 中野翔太 13:48.36

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 中央大学陸上競技部長距離ブロック (@chuo_ekiden)

www.instagram.com

欠場が相次ぎ、7名の出場と少し寂しいレースになりました。1000mは、故障明けの日体大藤本くんが245のペースで入り、標準切りが見える展開でした。しかし、その後落ち着いてしまって、なかなか上がらずラスト勝負の展開に。残り600mくらいで中野くんが一気に上げて、駒澤篠原くん青学鶴川くんの三つ巴の戦いに持ち込みました。残り300mくらいで、3番手に下がりましたが、直線で鶴川くんをかわし2番でフィニッシュしました。残念ながら日本代表には届きませんでしたが、中野くんのレースの幅が広がったことを印象づけるには十分でした。また参加者が少ないとはいえ、しっかり着を拾えたことも、強さの証明ですね。