中央大学陸上競技部長距離ブロックと作新学院硬式野球部と
※ブログ引っ越しました

【6月19日】(各地区レース)_秩父宮賜杯第53回全日本大学駅伝対校選手権大会 関東学生陸上競技連盟推薦校選考会

2年ぶりに全日本予選会が開催されました。新型コロナウイルスの影響で、残念がら無観客開催となりましたが、YouTubeでのライブ配信があるとのことで固唾を飲んでテレビで戦況を見守りました。天候は小雨で、やや風が強そうでしたが、日差しもなく、コンディションは良さそうでした。

 

■総合成績

01位 東京国際大 3:56.39

02位 國學院大 3:56.47

03位 法政大 3:57.14

04位 拓殖大 3:57.17.26

05位 中央大 3:57.17.61

06位 中央学院大 3.57.23

07位 日本体育大 3:57.47

08位 駿河台大 3:58.16

09位 国士舘大 3:58.51

youtu.be

■01組

06着 助川拓海 29:42.41

07着 手島 駿 29:42.91

 

絶対に取りこぼせない1組には、安定感のある助川くんと手島くんが選ばれました。最初の400mが超スローとなり、國學院中西くんが一人飛び出してとばしました。中西くんが軽快なラップで刻み、5000mの通過が1439、後方の集団は1506くらいでした。手島くんも助川くんも、集団の好位で虎視眈々と狙っている様子で、表情は余裕がありました。5000mを過ぎて、手島くんと助川くんが交互に先頭に出てペースを上げ、集団のふるい落としに入りました。最後もしっかり粘りきり、ひと桁順位でフィニッシュ。最高の滑り出しになりました。2人とも持ちタイムは組上位ですが、それに対する余裕よりも、「レースを支配する」という気迫が伝わってくる素晴らしいレースでした。

 

■02組

02着 阿部陽樹 30:02.73

04着 若林陽大 30:04.64

 

大変申し訳無い話ですが、2組の阿部くんが一番のサプライズ選出でした。スローペースのスプリント勝負になれば…という思いが的中し、2組はかなりのスローになりました。5000m通過が1533で、誰もこぼれず大きな集団のままでした。中大は最内スタートなので、この集団でポケットに入ったら身動きが取れない心配もありましたが、しっかりポジションを取って、冷静にレースを運んでいました。後半もペースは上がらず、スローのサバイバルレースになりました。2人ともしっかり先頭集団で勝負し、ラスト1周を前に、法政の2人がスパート。やや遅れて、国士舘三代くんと阿部くんがスパート。三代くんには負けましたが、阿部くんはスプリント勝負で見事に組2番。ラスト勝負だと分が悪いイメージだった若林くんも、組4番と最高の結果になりました。阿部くんのスピードと、若林くんのメンタルの強さが光った組でした。

 

■03組

11着 中野翔太 29:27.92

35着 東海林宏一 30:15.16

 

公式戦デビュー戦となるフレッシュな2人が3組を務めました。3組となると、出遅れたチームがハイペースで飛び出すケースが多いのですが、ここでは立教服部くん、日大樋口くんが主に引っ張り、縦長の展開でした。中野くん東海林くんとも中盤の絶好位から周りの様子を見るような感じで進めていました。5000m通過が1445で、ここで中野くんが前の好位に。5000m過ぎから、樋口くんがペースを上げて引き離しにかかりましたが、中野くんは余裕を持って好位、東海林くんは7000m以降離され、単独走になりました。最後のスパート合戦で中野くんも離れましたが、11番でまとめました。東海林くんは、ほろ苦い公式戦デビューとなりました。

 

■04組

13着 三浦拓朗 28:58.51

17着 園木大斗 29:03.33

 

3組まで粘ってつなげ、最終組になりました。最終組は順当にエースの三浦くんが選ばれ、園木くんが大抜擢されました。遅れを取り戻す留学生の集団がハイペースで先頭集団、そこからだいぶ離れて、出場のボーダーに持ってこようという日体大藤本くんと中央学院2人、東京国際丹所くんの第2集団、その後方に中大勢を含めた第3集団でした。5000mは、第2集団が1416だったので、おそらく1430くらいでは来ていたと思います。前半はその集団でうまく力をためていた2人も、後半はしっかり集団の前に出て勝負をしていました。結果的には後半もイーブンで、三浦くんが28分台の13番、園木くんはPB17番と、確実に走りきりました。園木くんは最後の1周も力を絞り出しましたね。三浦くんは、1つ前の藤本くんのところでの勝負が見たかったですが、怪我明けと戦況もあるので、確実な一手だったのだと思います。

 

総合結果は、関東地区5番で、伊勢路に9年ぶりに返り咲きました。個人的な思いは、「長かった…」という一語に尽きます。新庄くん、徳永くん町澤くん、堀尾くん中山くん舟津くんらそうそうたる面々をもってしても超えられなかった壁。本当に呪われているんじゃないかとさえ思いました。仮に、吉居くん千守くん森凪くんが入って万全な状態でも、楽観視できないくらいの不安感はありました。そんな中でもチームは、少しずつ積み上げていって、それがいつしか大きな山になり、今回歴史を動かしました。選手、スタッフ、関係各位のご苦労に敬意を評し、感謝したいと思います。本当におめでとうございます。お疲れさまでした。

 

さてさて、本戦は117日。今回のメンバーの中には、「ロード3割増」の選手もいますし、外れた選手も虎視眈々と狙ってきます。夏に新戦力も台頭してくることでしょう。そんな状況を加味しながら、楽しい妄想に励みたいと思います。

【4月10日】(各地区レース)_サトウ食品グランプリシリーズ 熊本大会 第29回金栗記念選抜陸上中長距離大会2021

トラックシーズンのシーズンインは、金栗記念からですね。対抗戦と同日に行われるため、どの選手が行くのだろうと思いましたが、今年は1500mの2名が出場しました。

 

■1500m

02組 05着 中野倫希 3:47.90

03組 08着 山田俊輝 3:47.78

 

youtu.be

中野くんは、入学後のデビュー戦が金栗記念という大きな大会からでした。動画配信を見ましたが、いい位置をキープしつつ、そのポジションから最後まで粘りきって自己ペスト更新でした。今後の活躍が期待できる内容でした。山田くんは、40秒台後半でしっかりまとめきる力は示していますが、40秒台前半までもう少しですね。

【4月10日】(各地区レース)_第47回定期対校陸上競技大会

昨年はコロナの影響で中止となった日体大との対抗戦ですが、今年は無観客にて開催という形になりました。中大ファンとしては、トラックシーズンの到来を告げる大事な試合ですが、なんとか開催してもらえたことに感謝いたします。

 

■1500m

01着 居田優太(対抗選手) 3:49.45

03着 谷澤竜弥 3:50.16

04着 手島 駿 3:51.91

05着 井上大輝(対抗選手) 3:53.44

06着 山平怜生 3:55.46

07着 倉田健太 3:56.14

08着 助川拓海 3:56.45

09着 阿部陽樹 3:56.92

10着 若林陽大 3:56.99

11着 園木大斗 3:57.48

13着 佐野拓実 3:58.90

14着 中澤雄大 4:00.47

16着 小林龍太(対抗選手) 4:03.33

18着 川田 涼 4:05.37

19着 羽藤隆成 4:08.52

20着 梶山林太郎 4:09.82

22着 丸山大輝 4:20.11

 

DNF 森 凪也

 

 

日頃はあまり1500mを走らない選手も、シーズンインということでたくさん出場しました。箱根で好走した若林くん中澤くんも自己ベストでしたが、かつては1500mが主戦場だった居田くん谷澤くんが、順当に上位に来ました。やはりスピードは抜群だなという印象ですが、数週間前はハーフを走っていた2人が、うまくスピードにも適応してきました。

 

■3000mSC

05着 浦田優斗 9:30.38

 

3000mSCは、新入生の浦田くん1名のみの出場となりました。序盤は積極的にいきましたが、徐々に遅れ始め、トップとはだいぶ差が開きました。持ちタイムと比較すると物足りないですが、ここからしっかり本番に向け合わせてほしいです。

 

■800m

01着 森 智哉 1:51.59

 

森智くんは、入学して初めての800mでしょうか。不慣れなレースにもかかわらず、51秒台の素晴らしいタイムでした。2年生には、金子くんという中距離のスペシャリストがいますが、この距離でもしっかり対応できるよう、磨いてほしいです。それにしても、ここまでのスピードとは驚きました…。

 

■3000m

02着 山平怜生(対抗選手) 8:07.76

03着 園木大斗(対抗選手) 8:08.97

04着 助川拓海(対抗選手) 8:09.83

05着 手島 駿 8:11.43

06着 若林陽大 8:14.26

07着 倉田健太 8:16.10

08着 阿部陽樹 8:17.74

09着 中澤雄大 8:19.56

10着 小林龍太 8:21.66

11着 佐野拓実 8:23.45

12着 湯浅 仁 8:24.77

14着 谷澤竜弥 8:32.38

15着 高木航志 8:32.88

16着 藤井拓輝 8:34.33

18着 丸山大輝 8:44.07

19着 田井野悠介 8:45.32

20着 高沼一颯 8:46.03

21着 植村優人 8:51.64

 

DNF 森 凪也

www.instagram.com

 

3000mのインスタライブは見逃してしまったため、詳細は不明でしたが、ここも森凪くんがペーサーを担ったようです。対抗選手3人が、2〜4着にしっかり入る内容で、シーズン序盤いい滑り出しでした。中でも1年生の山平くんが、自己ベストでチーム最先着の2番。東海林くんがいない中、存在感を十分に示しました。

【3月29日】(各地区レース)_March Distance Showdown

アメリカで武者修行をしている吉居くんですが、室内のレースに出場しました。

 

■3000m

02着 吉居大和 8:05.87

室内での記録なので、果たして屋外との比較はどうなのかということになりますが、Twitter界隈では、200mトラックでコーナーもきつく、屋外のタイムからプラスして考えないといけないという論調があるようです。とにもかくにも、トラックシーズンを順調に迎えた吉居くんの今後が楽しみです。

【3月21日】(各地区レース)_新潟ハーフマラソン2021

今年の出場が初めてかと思いますが、新潟ハーフに多数の選手が出場しました。学生ハーフに出場しなかったメンバーを中心に、ロードシーズンの集大成という位置づけだったと思います。こちらも天候は雨でしたが、大阪ほど降ってはおらず、とはいえスリッピーなコンディションでした。

 

ハーフマラソン

016着 湯浅 仁 1:05.43

019着 若林陽大 1:06.01

024着 田井野悠介 1:06.10

027着 倉田健太 1:06.17

041着 谷澤竜弥 1:06.51

059着 居田優太 1:07.39

072着 千守倫央 1:08.00

076着 小林龍太 1:08.12

078着 藤村燦太 1:08.14

085着 藤井拓輝 1:08.44

116着 植村優人 1:10.07

今回は配信ライブがありましたが、スタジアム周回コースに加え、周回遅れの市民ランナーをさばくのにだいぶ苦労している印象でした。そのためタイムよりいかに着を拾えるかが重要になってきたかと思います。そのような中、湯浅くん若林くんと、箱根予選会〜箱根駅伝で結果を出した選手たちが活躍しました。ロードの鬼湯浅くんは、10000mのタイムもだいぶ伸ばしているので、チャンスがあればハーフもかなりのタイムを期待できそうです。若林くんも、最後まで湯浅くんと学内トップを争っていたので、箱根以降順調な印象でした。田井野くんは、今までの持ちタイムが悪すぎただけで、今回ようやく本領発揮というところだと思います。

 

千守くんあたりは怪我からの回復途上だったそうです。またここでも谷澤くんが好走し、本当にタフな選手だなと改めて感じました。

【3月21日】(各地区レース)_第1回 全国招待大学対校男女混合駅伝競走大会

今回が初となる男女混合駅伝が、大阪で行われました。2月に開催される予定が、コロナの影響で延期になりましたが、なんとか無事に開催されました。天候は雨。初回から厳しいコンディションになりました。

 

■総合成績

01位 順天堂大学 1:01.53

02位 京都産業大学 1:02.29

03位 日本体育大学 1:02.44

04位 立命館大学 1:03.01

05位 城西大学 1:03.02

06位 中央大学 1:03.13

07位 関西大学 1:03.49

08位 筑波大学 1:04.16

 

 

区間成績

01区(3km) 06位 森 智哉 8:37

02区(2km) 07位 原賀藍実 6:35

03区(5km) 09位 梶山林太郎 15:13

04区(3km) 03位 大塚沙弥 9:51

05区(2km) 03位 山田俊輝 5:35

06区(5km) 06位 風間歩佳 17:22

 

www.instagram.com

 

全体的に短い距離の駅伝なので、中距離が主戦場の森智くん山田くんが出場しました。最長区間には、梶山くんが久々に駅伝出場しました。

 

中盤でだいぶ追い上げたものの、表彰台には及びませんでした。序盤から少し流れが悪かったのかなと思います。今回初の試みに、スピードランナーの森智くん山田くんが選ばれ、梶山くんも久しぶりにロードに戻ってきたことが、とても感慨深かったです。ロードシーズンは裏方で頑張ってくれた2名が、こういう形で駅伝を走ることができ、とても良かったなと思うと同時に、きっと部に持って帰れるものもあったと思います。また梶山くんも、回復途上とはいえ走る姿を見られて、まずは安心しました。

【3月14日】(各地区レース)_中央大記録会

学生ハーフの裏では、ほぼ毎年この時期恒例となった、中大記録会が行われました。去年は新入生が衝撃的なデビューを果たした記録会でしたが、学生ハーフ同様強風の中でのレースになりました。

 

■10000m

01着 東海林宏一 29:24.19

02着 山平怜生 29:47.09

03着 阿部陽樹 30:14.13

04着 佐野拓実 30:23.32

05着 桑原悠輔 30:31.82

06着 中野倫希 31:02.00

07着 山田俊輝 32:01.55

08着 丸山大輝 32:27.13

 

www.instagram.com

 

新入生の登竜門となっているこのレースですが、今年もこの悪コンディションの中、東海林くんが素晴らしいタイムを叩き出し、初の10000mとは思えない走りをしました。詳細不明ですが、PMがついていたとはいえ、いきなりこのタイムは素晴らしいです。13分台、28分台は時間の問題だと思います。都大路で好走した山平くんも、しっかり29分台。東海林くん同様、タイミング次第では大台に乗りそうです。30分台の選手でも、特にこの冬しっかり走れていた情報があった佐野くんは、トレーニング次第ですぐに追いつきそうです。